菜の花の丘

AND OR

ゴルフ場

千葉県ゴルフ場

画像クリックでゴルフ場予約サイトへ
さらに詳しいコース情報・予約状況・価格詳細がご確認いただけます。

更新

▼姉ヶ崎カントリー倶楽部

館山自動車道 姉崎袖ヶ浦IC 6km

競技志向

林間コース。
自然の条件をいかし地形にそったアンジュレーションがコースを変化に富んだものにしている。
フラットと起伏のあるホールが組み合わされているためホールごとに攻め方を注意しないと思わぬケガをする。
フェアウェイは総体的に広いが、松や杉の林がとりまき時には後ろに出す状況判断が要求される。

▼アバイディングクラブゴルフソサエティ

館山自動車道 市原IC 24km

エンジョイ

丘陵コース。
自然の景観と樹木を最大限に活かし、オーソドックスな造形がなされている。
大きな起伏はないものの要所を絞られたフェアウェイは波立つ海のようなアンジュレーションを持ち、グリーンは島のように浮かぶ。
戦略性とテクニックの両方が要求され、ショットの内容がスコアに現れるコースだ。
ツーオンが十分に狙えるが危険も待ち受けている2・14番や、ウォーターハザードのきいた9・18番のホールが個性的。
ベントのワングリーンもうねりがあり終始快い緊張が楽しめる。

▼天ヶ代ゴルフ倶楽部

館山自動車道 姉崎袖ヶ浦IC 24km

競技志向

丘陵コース。
自然の地型をそのままに造成されたコースだが、高低差はほとんど感じられない。ホール間も広くとられていてのびのびとプレーが楽しめる。
フェアウェイはフラットで、ラフに入るとマウンドなどあって厄介なショットになる。
アウト、インとも上がりホールに池を配して、ここではスリリングなシーンが現出しよう。いずれも2打の落下地点から池が絡んできて、アプローチでもショットのブレを水面が待ち受ける恰好のホームホールである。

▼ゴールド木更津カントリークラブ(旧:アカデミアヒルズCC)

館山自動車道 君津インター 11km

エンジョイ

アカデミアヒルズカントリークラブはゴールド木更津カントリークラブに生まれ変わりました。
芝生のコンディションは関東一を自負しております!是非一度プレーにお越し下さい。

▼泉カントリー倶楽部

東関東自動車道 千葉北IC 14km

エンジョイ

林間コース。
コースの随所に池を配して戦略性を高めている。飛距離と方向性のバランスのとれたショットでないとスコアはまとまりにくい。
フェアウェイは広い。反面グリーンがティから見て左右どちらかに振り分けられているホールが多くフェアウェイをタテに分割してそのどちらかを狙うような緻密な計算も必要である。漫然と打っては次打が苦しい。

▼一の宮カントリー倶楽部

九十九里有料道路 終点 8km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな丘にゆったりと設計されているためのびのびプレーできる。
ホールは松林でセパレートされており、太平洋が眼下に広がっているためシーサイドの雰囲気も感じられる。
フェアウェイが広くショット自体は楽なのだが、問題は1万坪以上はあろうかという2つの大きな池。この池が何カ所かのホールで顔をのぞかせ、メンタル面をおびやかすのである。

▼コスモクラシッククラブ

館山自動車道 木更津南IC 45km

エンジョイ

丘陵コース。
トッププロ10名によるコース設計がユニークと好評を得ている。
出だしの1番から距離に苦しめられる。特にトラブルになる難所もないが、第2打がやや打ち上げでよほどのロングヒッターでも2オンは難しい。7番も1打2打とも正確な狙いでキッチリ飛ばさないとパーが難しく、13番は谷越えでグリーン手前に大きなバンカーがある。ここではパーを狙う所とボギー覚悟のホールをしっかり見極める事が大切。
コースレートは71.3で挑戦欲を掻き立てる飽きのこないコース。

▼イトーピア千葉ゴルフ倶楽部

千葉外房有料道 大沢IC 4km

エンジョイ

丘陵コース。
広大でフラットな用地に大きな池を多用し、また随所に戦略的なバンカーを配した緑豊かなコース。
特徴的なのはアウトでは3番と5番。3番はグリーン右手前を大きなバンカーにガードされたショート。
インでは14番と15番が面白い。14番は要所に配されたバンカーが視覚的に重圧をかけてくるミドル。15番は豪快なショットを楽しめるロングだが、グリーンまわりではバンカーに注意したい。
全ホール照明設備を完備しているので、ナイターも楽しい。

▼エンゼルカントリークラブ

館山自動車道 君津IC 22km

エンジョイ

丘陵コース。
それぞれのホールが個性的ですべて攻略ルートが異なる。頭脳的プレーが必要だ。
多少起伏があり狭い部分もあるので正確さ第一に攻めていけばスコアはまとまりやすい。
東コースは短く各ホールにバーディチャンスがあるが同時に大崩れも背中合わせになっている。
中コースは長く難しい。
西コースは東と中をミックスした様なコースだ。

▼大多喜カントリークラブ

館山自動車道 市原IC 24km

エンジョイ

丘陵コース。
アップダウンを極力さけるようにレイアウトされているため、フェアウェイに起伏はない。
東コースは全体に距離がありフェアウェイも広く、飛ばし屋向き。多少曲げても大丈夫だ。
南コースは飛ばすことより正確なショットが要求されるアベレージ向きのコース。
西コースはトリッキーなホールと長いショートホールが特徴だ。

▼大利根チサンカントリークラブ

常磐自動車道 柏 5km

エンジョイ

河川敷コース。
フラットだが池や川がからんで戦略性が高く、球趣をそそられるホールが多くて楽しめる。
アウトはバンカーに囲まれたショートホールや池がらみのホールでの心理的な重圧をどう克服するかがスコアメークの鍵。
インは池と川がらみのホールが続く。それも右がウォーターハザードのホールが続いたら次は左が池であったりして、狙い所に正確に打つことを要求される。

▼大原・御宿ゴルフコース

東金道路 東金IC 50km

エンジョイ

名匠 井上誠一設計で「初心者には易しく、しかし上級者には難しく」が設計コンセプト。
マウンドと110のバンカーを配した18ホールがゆったりと展開している丘陵コース。
フェアウェイは広いが、要所要所バンカーが効いており、第1打の狙い所を絞らないと好スコアに結びつかないレイアウトになっている。
ティショットでのボールの落とし場所で次打の難易度が大きく変わる、中・上級者がエキサイトできるコース。

▼オーク・ヒルズカントリークラブ

東関東自動車道 大栄 7km

エンジョイ

林間コース。
R・T・ジョーンズJrの設計による日本で最初に造られたベント・ワン・グリーンのコースで、アメリカのコースの雰囲気がある。
ベント芝の1グリーンのため、グリーンに近づくにつれ目標がしぼりこまれている。
グリーンは平均700平米と広い。また随所に池があり、コースの戦略性を高めている。
漫然と打つとハザード越えが残りやすく、常に次打を考えて打たなければスコアはまとまらない。

▼小見川東急ゴルフクラブ

東関東自動車道 佐原香取IC 6km

エンジョイ

丘陵コース。
林と水とマウンドが基本テーマだけに、スコティッシュムードのあるコース。
アウトは樹木が多く林と水が基調で、インはマウンドやフェアウェイのウェーブ、ポットバンカーなど開放的なリンクス風と味わいが異なる。
ウォーターハザードが効果的なのは4番、9番、12番。バンカーの形や数では6番、13番、17番、18番など。
グリーンはベントのワングリーンで、アンジュレーションもあり形にも変化がある。ピンポジションを把握して攻めないとパットで苦しむことになりそう。

▼オークビレッヂゴルフクラブ

館山自動車道 木更津北IC 26km

競技志向

丘陵コース。
世界的に評価の高いデズモンド・ミュアヘッドの設計。英国のアーサー王伝説をモチーフとする、造形美と戦略性を兼ねそなえたコース。
全18ホールのうち13ホールまでが池やクリークなど水が絡でおりスコアを崩しやすく、ウッド、アイアンともに正確なショットが必要。
また平均900平米もある大きなグリーンはアンジュレーションがきつく、ホールアウトするまで息が抜けない。
しかしただ慎重なだけでなくホールによっては思い切りのよさも必要。メリハリのある細心かつ大胆なマネジメントがこのタフなコースを攻略するカギ。

▼キャメルゴルフリゾート(旧:御宿Gリゾートクラブ)

館山自動車道 市原IC 50km/木更津北IC 50km

エンジョイ

丘陵コース。
一つひとつのホールに複数の攻略ルートがあり、14本すべてのクラブを使わせるように設計されている。
アウトはのびのびと打っていけるホールが多く、調子がよければ勢いで好スコアをマークできる。
インはホール毎にルートを考えて攻めないとスコアはまとめにくい。特に13番・15番・18番は飛距離を欲張ると厳しいバンカーにつかまるのでポイントを外さないこと。刻みを多用しての正確なショットが好結果につながる。

▼香木原カントリークラブ

館山自動車道 君津インター 25km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな丘陵地で各ホールはフラットに仕上がっている。しかし、随所に点在する池、クリーク、谷などが戦略性を高めている。
特に2番のウォーターハザードは、2打目で越すのか手前に刻むかの決断がいる。腕前と相談の上、1打目からルートを決めていく必要がある。
インはトリッキーではあるがフェアウェイが広く安心できる。

▼かずさカントリークラブ

館山自動車道 市原IC 24km

エンジョイ

丘陵コース。
つばめ、富士、さくらの3コースは、それぞれ趣きを異にしている。
つばめコースはフラットなホールが多く、その点では楽だが距離が長い。
富士コースは距離がやや短めだが、アップダウンのホールがあって、ショットの狙いめを的確にしないといけない。
さくらコースは最も変化があって、面白さと同時に難しさも隣り合わせになっている。

▼上総モナークカントリークラブ

館山自動車道 姉崎袖ヶ浦IC 23km

エンジョイ

丘陵コース。
自然の地形 人工の起伏をうまく取り入れたニクラウス設計の妙がうかがえる。
全体にフェアウェイは広いが、使用ティグラウンドによってホールの難易度が大きく変わる。
フェアウェイのサイドに続く細かな起伏やグラスバンカー、グリーンサイドのポットバンカーなどボールの落とし場所が難しい。
グリーンは800〜1000と大きい。

▼上総富士ゴルフクラブ

アクアライン 木更津北IC 23km

エンジョイ

丘陵コース。
美しい植林のある丘陵地の自然を生かし、戦略的でしかも楽しめるレイアウト。
用地内の樹木は非常に大きく、フェアウェイは広くゆったりとして、池越え、打ち上げ、打ち下ろし、ドッグレッグなどあらゆる条件を備え、プレーの味つけをしている。
極端な打ち下ろしの名物ショートホールがあって面白い。

▼勝浦東急ゴルフコース

館山自動車道 市原IC 53km

エンジョイ

丘陵コース。
冬でも暖かい房総半島の南に位置し、太平洋を望めるコースだ。
アウトはゆったりしたレイアウトになっており、解放感あふれるプレーができる。
インは大小5つの池が横たわり、これの攻略が鍵。ティショットでいたずらにドライバーを振り回してはスコアメイクにつながらない。池を越えていくのか手前に落とすのか頭脳的プレーが要求される。

▼ザ・鹿野山カントリークラブ

館山自動車道 君津IC 15km

エンジョイ

丘陵コース。
天神コースは白鳥に比べフラットなホールが多い。
全体にOBは少ないが、グリーンを狙う時、足場よりグリーン面が高いので距離カンが難しい。高い正確なアイアンショットが必要といえる。
白鳥コースは起伏が多く高低差60mという名物ホールが面白い。
浅間コースはフェアウェイも広く起伏もゆるやかで距離もあるので飛ばし屋向き。

▼加茂ゴルフ倶楽部

館山自動車道 市原IC 33km

競技志向

丘陵コース。
全体的にフラットでホールごとにアップダウンが少ない。
アウトは谷をとり巻くようにして広がっている。
総じてミスショットにはペナライズされるが真っすぐ打っておけば落下地点は広い。
曲げる危険性が高いならドライバー以外で打ち、アプローチで勝負するのも一策。

▼カレドニアン・ゴルフクラブ

千葉東金道路 松尾横芝IC 1km

競技志向

林間コース。
10年続けて米国のゴルフマガジン誌「世界名コース100選」にノミネートされている。アベレージからトップ・プロまでプレイの醍醐味が堪能できる。
池と渚バンカーの白砂が緑の芝に映え、そのコントラストが美しい。コースをよみ、風をよみ、そして技術で攻略する18ホールはチャレンジしてみる価値十分である。
「フィランスロピートーナメント」「タカラワールド」「2000年日本プロ選手権」「日本プロシニア選手権」など、日本を代表する選手権大会が開催されている。

▼鴨川カントリークラブ(旧:スポーツ振興鴨川CC)

館山自動車道 君津IC 30km

エンジョイ

丘陵コース。
尾根を大きく切り開いて全体にフラットに仕上がっている。
アウトはグリーン周りのバンカーが効果的。第2打以降の距離感と方向性がスコアメークの重要なキーとなる。
インは池がらみのホールが多い。特に16番はティ右前の池がそのままクリークとなって右サイドにのび、200ヤード付近からフェアウェイを横切ってグリーン左手前まで続いている。また18番はS字に曲がったホールで各ポイントにはバンカーが巧みに配され、なかなかタフなホールとなっている。
完全無農薬管理コース。

▼香取カントリークラブ

東関東自動車道 佐原香取IC 3km

エンジョイ

丘陵コース。
落葉樹の自然林が残されているのでティからはフェアウェイが狭く感じるが、実際の幅はたっぷりある。
高低差は10mと少なく、距離も抑えめだが、ハザードが効果的なので簡単には攻略しにくい。
パー4とパー5のホールに較べるとパー3が比較的長い。さらに池やバンカーにしっかりガードされているのでパー3の攻略がスコアのカギ。
注意したいのはアウト、インとも最終ホール。ともにパー5でグリーン近くに池が待ち受けている。パットも慎重に。

▼カントリークラブ ザ・ファースト

館山自動車道 姉崎・袖ヶ浦 10km/木更津北 10km

競技志向

丘陵コース。
自然林をそのまま残したコースで多様な戦略性に富んだ、挑戦意欲をかき立てる18ホール。
設計者の加藤俊輔氏はコースの特徴として4つあるショートホールが全く違った趣きをもったホールとなっている点をあげている。
距離たっぷりの8番・11番、短い距離なのにパーのとりにくい2番、そして砲台グリーンの16番。
ショートホール以外の各ホールとも変化に富み、長く記憶に残るホールによって構成されている。

▼亀山湖カントリークラブ

館山自動車道 姉崎袖ヶ浦IC 30km

エンジョイ

丘陵コース。
コースから亀山湖周辺の自然美を全周に望むことができ、アウトは春の花々、インは秋の紅葉をイメージしたものになっている。
また全18ホール中15ホールでティグラウンドからピンを望めるフラットなデザイン。
プレーする度に発見があり何度でもプレーしたくなる。

▼木更津ゴルフクラブ

館山自動車道 木更津北IC 5km

エンジョイ

丘陵コース。
なだらかな上総台地に位置し、樹齢数十年の杉や檜の自然林が多く残されている。大小さまざまな池が景観と戦略上のポイント。
全体のアップダウンが少ないので楽にラウンドできる。
個性豊かなホールだてだが中でもアウト9番の池越えミドルは名物ホール。
インはアウトより短いが気を抜けないホールの連続。18番はティショットの落とし所を考えなければならない。

▼ロイヤルスターゴルフクラブ

館山自動車道 姉崎・袖ヶ浦IC 20km

エンジョイ

丘陵コース。
アウト4番で大きく打ち下ろす以外はフラットなレイアウト。OBも少なくフェアウェイ幅も平均80mと広い。
一見やさしそうな印象を与えるが短いホールは左右にハザードを配しフェアウェイにはアンジュレーションを施し意外に難しい。
アウトとインではアウトの方が楽。インはスコアを取り戻すホールがない。アウトで攻めインは守りながら攻めるのが良策だろう。
ニューコースは5番、6番、7番ホールに池とクリークが絡み頭脳プレーが要求される。

▼京カントリークラブ

東関東自動車道 富里IC 9km

競技志向

丘陵コース。
自然との調和をコンセプトに設計されており、全体にフラットで林間風の趣のあるホールも多い。
グリーンは大きなうねりのあるベントのワングリーンだし、8つの池がレイアウトに取り入れられるなど、戦略性に富んだアメリカンスタイルのコースとなっている。
随所にマウンドが用意され、フェアウェイにはアンジュレーションがつけられている。特にティショットの落下地点が絞られているので、狙い所や2打の使用クラブを考えたティショットが必要だ。

▼カナリヤガーデンカントリークラブ

館山自動車道 君津IC 16km

エンジョイ

丘陵コース。
各ホールはフラットでティショットの落下地点はできる限り広くとっている。しかしグリーン周りは絞りこまれ、2打以降で真価が問われる。
アウトは距離も長く、S字型の5番のようなトリッキーなホールもあり難しい。
インはオーソドックスな造りだが、短いパー4の14番がアイランドグリーンになっているなど池が戦略的に使われている。
バンカーは80足らずと少ないがよく効いている。
飛ばそうと叩いてばかりではスコアはまとまりにくく、技量に応じて考えた攻めが必要なコースだ。

▼きみさらずゴルフリンクス

館山自動車道 姉崎袖ヶ浦IC 10km

競技志向

丘陵コース。
大きな池大きなバンカー、そして幾重にも連なる大小のマウンド。計算ができない程のアンジュレーションを持つグリーンと戦略性の豊富なコース。
ショートホールはいずれも1オンしか道がない厳しいデザイン。中でも17番は池の中にグリーンが浮かぶというエキサイティングなホールになっている。
ロングホール、ミドルホールもそれぞれに個性があって、攻めごたえのあるつくりになっている。

▼季美の森ゴルフ倶楽部

千葉東金道路 山田IC 2km

エンジョイ

丘陵コース。
用地内の高低差が13mとほとんどフラットなコース。
アウトは1〜9番まで腸詰め状に配置され各ホールは独立している。それだけに、ホール幅は広くても、大きく曲がるショットには左右が厳しくなる。9番は第2打が池越えとなるので残り距離によっては刻むことも必要。
インは互いに隣接したレイアウトで、ほとんど水がらみのホールで構成されている。スコアはいかに水を攻めるかで大きく違ってくる。フェアウェイ右からグリーン左手前方向に池がクロスしている18番はティショットがカギ。

▼千葉夷隅ゴルフクラブ

館山自動車道 市原IC 36km

エンジョイ

丘陵コース。
全体の起伏は少なくブラインドもなくすような配慮がなされている。
ハザードも隠し穴のようなものはなくすべてのプレーヤーの目で確認できるため、1打・2打とも自分なりの攻略ルートを考えながらプレーできるのはありがたい。
ただし距離標示がピッタリでおまけに長めの設計なので飛ばない人は苦しい。
フェアウェイは広い。

▼グレンオークスカントリークラブ

東関東自動車道 大栄 7km

エンジョイ

林間コース。
戦略性に富んだ18Hが続くが、特にアウトは距離が短いだけに捻った造りだ。グリーン手前にグラスバンカーを配したり、ダブル・フェアウェイの7番などはどちらに1打を運ぶか考えさせる。
一方、インはフェアウェイが広く、長打が楽しめる。
アウト・イン共に注意すべきはグリーン。最大1000平米、平均800平米の大きなグリーンはかなりのアンジュレーションがあり、3パットに悩まされやすい。乗せるにしてもベストな所は絞られている。
アイアンの出来が決め手になる。

▼源氏山ゴルフクラブ

館山自動車道 市原IC 10km

エンジョイ

丘陵コース。
アウトは緩やかな起伏の台地上に造成されたコース。1番は距離の短い右ドッグレッグで左はOB・右は林がありティショットの正確性が求められる。5番はバンカーに囲まれグリーンで止まるボールが要求される。
インコースは、アウトから一変してスリリングなホールが続く。13番と15番はオーガスタ風の地形と風景を思わす名物ホール。16番はフェアウェイ中央にマウンドがあり、ティショットがスコアのカギを握る。

▼神崎カントリー倶楽部

東関東自動車道 大栄IC 6km

エンジョイ

丘陵コース。
広々としていて快く飛ばしを楽しめるホールや緻密な計算を要求するホールが効果的に配されたオーソドックスなレイアウト。
全体の傾向としては、かなりのホールで左右どちらかに危険が迫っているので、スコアメイクには攻略ルートを的確に判断しなければならない。
アウトは2番左、4番右のふたつのドッグレッグホールが要注意。
インでは斜面の下に落とした時のリカバリーが難しいのでショットを大きく曲げるとまとめにくい。又、距離表示はすべてグリーンエッジまでの距離となります。

▼ザ・カントリークラブ・ジャパン

館山自動車道 木更津北IC 19km

エンジョイ

丘陵コース。
加藤俊輔氏設計の54万坪の広大な敷地にゆったりと造られた美しくも戦略性のあるコース。
フェアウェイは広く、点在するマウンド群やグラスバンカーが戦略性を高めている。
ベントの1グリーンは大きくアンジュレーションが巧みで変化に富んでいる。
各ホール間のインターバルは短く、疲れを感じさせない。
またレディースティを増設し女性にやさしいコースとなった。

▼ザ・カントリークラブ・グレンモア

東関東自動車道 成田IC 10km

競技志向

林間コース。
全体の起伏は少ないがマウンドと波打つアンジュレーションに大きな池、さらに豊かな林に囲まれている。
フェアウェイは絞ってありハザードの効きも厳しい。曲げるとどこのホールでもトラブルが待ち受けている。それだけ基本に忠実に造ってあるので、冷静に攻め方を考えることができればさほど崩れないですむ。
総距離も短く、特にレギュラーティからは短いので誰でも距離のハンディなしにコースに立ち向かえる。上がり3ホールは池がからんでおり特にタフ。

▼グリッサンドゴルフクラブ

東関東自動車道 成田IC 4km

競技志向

丘陵コース。
高速道路をはさんで二つのエリアに分かれるという立地ながら、巧みにレイアウトされ球趣を盛り上げている。
全体にフラットで要所に池を配した戦略的な造形で、各ホールがそれぞれに印象的に仕上っている。
ティグラウンドが4面あって各人のレベルに応じて楽しめる。池のからんだホール、特に上がりホールの9番・18番が面白い。
バンカーの数も多く、スコアメイクは決してやさしくはない。
グリーンは1グリーンで大きく傾斜もある。

▼新千葉カントリー倶楽部

千葉東金道路 東金IC 10km

エンジョイ

丘陵コース。
あさぎりはアウトが広々としていて、インは多少アップダウンがある。
つくもは自然池や人工池が多く随所に池越えがある上、フェアウェイが狭いためコントロール主体のコースだ。
たちばなは距離が短め。

▼ジャパンPGAゴルフクラブ

館山自動車道 君津IC 11km

競技志向

丘陵コース。
PGAの名を冠した日本初のコースでプロには安易なプレーを許さないが、アマチュアはその技倆に応じて楽しめる。
各ホールには3〜5面のティがあり、自分のプレースタイルに合わせてどのティからプレーしても構わない。使用するティによって各ホールの貌は変わってくる。
アウトは全般に距離は短めだがティショットの正確さを求められるホールが多い。
インはのびのびと打っていける素直なホールが多いが、ミドルが長いので飛距離がないと苦しむかもしれない。

▼富士カントリー芝山ゴルフ倶楽部

千葉東金道路 松尾横芝IC 7km

エンジョイ

丘陵コース。
高低差18mとフラットな地形ながら、なだらかなうねりがあり、また大小5つの池が10ホールにからむなど、変化と戦略性に富む仕上がりとなっている。
設計は、定評あるD・ミュアヘッド。一つひとつのホールはそれぞれに独特の貌をもっており、プレーヤーに常に緊迫感を要求し、飽きさせない。
特に印象深いのが7番ショートと8番ミドル。波形のバンカーが2個ずつ対象に配置されており、大きな池を包み込むようにグリーンの手前に浮かび、青い水、白い砂、グリーンの緑のコントラストが美しい景観を生み出している。

▼スカイウェイカントリークラブ

東関東自動車道 成田 10km

競技志向

丘陵・林間コース。
高低差15mのゆるやかな地形に自然林と池に囲まれた18ホールがある。
アウトはフェアウェイが広く、全体的にスコアをまとめやすいが後半の5番から池が効いてくるのでコントロールショットが重要になる。
インも1ホールごとに変化があり、特にグリーン前面が池でガードされた12番の名物ホールは面白い。

▼総丘カントリー倶楽部

館山自動車道 君津IC 23km/木更津南IC 23km

エンジョイ

丘陵コース。
アウトはフラットなホールが多く距離も短い上、おだやかで素直な造り。比較的パーオンしやすく、飛ばすことより方向性を試したデザインだ。
一方インは正反対に距離も長く、気の抜けないホールが続く。特に新しく造成された12番から17番は打ち下ろし、谷越え、砲台グリーンと緊張を強いられる。

▼総武カントリークラブ・総武コース

東関東自動車道 四街道 15km

競技志向

関東でも代表的な林間コース。
フェアウェイ幅も広く、ロングヒッターには好スコアが望めるので人気がある。
各ホールは2グリーンでコーライとベントが林を境に分かれている所もあり、使用グリーンによって攻め方が変わる。
全体にフラットだが池やドッグレッグなどで変化をつけている。
かつて日本プロや日本オープンをはじめ、数々のトーナメントを開催したことでも知られている。

▼総武カントリークラブ・印旛コース

東関東自動車道 四街道IC 13km

エンジョイ

林間コース。
北総平野に広がる全体的にフラットなコースで、年輪を重ねた樹木に囲まれ趣きのあるコース。
池やバンカーの配置が巧みで美しく、四季を通じてプレーが楽しめる。
またグリーンはサンドのベントグリーンでパッティング・クォリティが素晴らしい。

▼太平洋クラブ 市原コース

館山自動車道 市原IC 20km

競技志向

丘陵コース。
各ホールごとの高低差はほとんどなく、大小の池をうまく配して戦略性を高めている。
フェアウェイは全てブルーグラス主体のエバーグリーンで、1年を通して緑を楽しめる。
アウトは5番の打ち下ろしのミドルと6番ショートが池をはさんで並ぶ。
インはフェアウェイの広いロングに始まり、左ドッグのミドルへと進む。18番はグリーン手前に大きな池がたちはだかる。
随所に微妙なアンジュレーションを持つグリーンは、季節を問わず常に転がりの良いタッチが楽しめる。

▼立野クラシックゴルフ倶楽部

館山自動車道 市原IC 8km

接待

丘陵コース。
全体の高低差が10〜12mとフラットな上、各ホールも広くのびのびとプレーできる。
アウトは多くの植栽を施し、6個の池とバンカーが戦略性を高めている。スタート3ホール以外はOBがない。
インは逆にほとんど自然林を生かし雄大な林間風。これほどアウトとインでまるっきり雰囲気が違うのもめずらしい。
約半数のグリーン上に起伏あり。

▼大栄カントリー倶楽部

東関東自動車道 大栄IC 4km

エンジョイ

丘陵コース。
フラットな18ホールが続く。
アウト・イン共に池が目につくが、戦略的に大きなプレッシャーをかけてはいない。逃げ道があるので安心して打てる。
フェアウェイのアンジュレーションも大きくないので、フェアウェイをキープしていけば十分好スコアが期待できる。
日本庭園風の造作が随所にみられ、のんびりしたゴルフが楽しめるコースだ。

▼太平洋クラブ 成田コース

東関東自動車道 富里IC 6km

競技志向

丘陵コース。
自然林の間にある平坦な湿地帯や草原を利用して造成されており、自然の中に溶け込んだ年輪を感じさせるコース。
距離は比較的短いが、随所にクリークやグラスバンカー、そしてG・プレーヤー思い入れのソッドレイヤースタイルのバンカーが配置されており戦略性を高めている。
反面、難度は高いのだが、レベルに応じた攻めをすれば、全てのゴルファーが十分に楽しめるコースでもある。

▼多古カントリークラブ

東関東自動車道 成田IC 12km

エンジョイ

丘陵コース。
自然林と造成林に囲まれた平坦な地に、適度なアンジュレーションを造形してつくりあげた戦略的なコースである。
特徴的なのはアウトでは4番ショートホール。グリーン手前から右サイドに広がる池が正確なショットを要求する。
インでは、18番ロング。グリーンの右サイドに広がる池や杉の大木が印象的だ。
ティグラウンドを5段階の中から自由に選べて、初級者からシングルプレーヤーまで誰にでも楽しめるようにした配慮が嬉しい。

▼隨縁カントリークラブ竹岡コース

館山自動車道 木更津南IC 23km

エンジョイ

丘陵コース
スペイン瓦屋根のクラブハウスが東京湾を見下ろす高台にあり、コースからは三浦半島、富士山、みなと未来等がパノラマのように展開、絶景である。
竹岡は内房総でも温暖の地でもあり、動植物が豊富に生息し時にはプレー見物にも現れます。
コースは戦略的であり、特にグリーン攻略がスコアメイクのポイントとなるでしょう。
老若男女、美しい景色を眺めながらレベルを問わず公平で楽しくプレーして頂けます。

▼千葉廣済堂カントリー倶楽部

館山自動車道 市原IC 12km

競技志向

自然とうまく調和した雄大な27ホールの林間コース。
各コースとも樹齢50年の樹木でセパレートされたフラットなホールが多く、巧に施されたアンジュレーションによりティーショットの出来がスコアを左右する。
グリーンの形態が変化に富んでいるので、随所で高度な技術が要求される。
また例年5月に廣済堂レディスゴルフカップを開催している。

▼千葉国際カントリークラブ

京葉道路 蘇我IC 15km

エンジョイ

丘陵コース。
桜コースは赤松と杉で各ホールをセパレートし、ゆるやかなアンジュレイションが各ショットを難しくしている。
竹コースはミドルに長めのものが多く、ティショットの長打を要求する。
松コース・竹コースは打ち上げ打ち下ろしブラインドと変化に富む。

▼千葉新日本ゴルフ倶楽部

館山自動車道 市原IC 12km

エンジョイ

丘陵コース。
全体の高低差は多少あるものの、各ホールごとは比較的フラット。
外房コースはフェアウェイもたっぷりあり、思い切ったショットを楽しめる。グリーンも大きめにできている。
内房コースは各ホールに細かいアンジュレーションがあり、また変化に富んでいる。長打よりもコントロールを主体にした攻めが好スコアに結びつく。また内房コースでは乗用カートによるセルフプレーも併用されている。

▼千葉セントラルゴルフクラブ

館山自動車道 市原IC 9km

エンジョイ

林間コース。
地形は比較的フラットで、池のある景観の美しい戦略性の高いホールが多い。
乗用カートでのプレーなので、疲れは少ない。
距離の長いホールはフェアウェイも広く思い切って打てる。逆に短いホールはティショットの落とし場所が重要。こちらは十分コントロールに注意したい。

▼CPGカントリークラブ

館山自動車道 市原IC 10km

エンジョイ

丘陵コース。
各ホール起伏を生かしたレイアウトで、それぞれに趣を異にしている。
アウトは全体に大きなアンジュレーションがあって、その都度ボールのライに変化が出る。ただ、フェアウェイが広々としているのでのびのび打てる。
インも同じような展開をみせているが、終盤に入って難しいホールが続くので、前半でスコアをまとめておいた方がよい。

▼千葉レイクサイドカントリー倶楽部

館山自動車道 市原IC 15km

エンジョイ

丘陵コース。
全体的に変化のあるホールが多く、距離はさほどでないが、トリッキーなホールもあり正確なショットを要求する。
アウト インともにショートホールが長めで、その処理が全体のスコアに大きく影響する。
6番はフェアウェイ幅が狭く、馬の背になっているので距離を犠牲にしても方向を重視した方がよさそう。15番は池越えになっている。

▼レインボーヒルズカントリークラブ

東関東自動車道 大栄IC 25km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな起伏と松林でセパレートされたEASTコース。ミドルホールの2番・6番は距離も長めで、またバンカーもきいている難ホール。攻めと守りの判断と適確さが求められる。
WESTコースは起伏が少し強くなり、各ショットの狙いめを十分考慮した攻め方が必要。グリーンにもアンジュレーションがあるのでパッティングはラインの読み切りが大切。
NORTHコースは椎の巨木をはじめ自然林を残したコースで距離はないが正確なショットが要求される。

▼長太郎カントリークラブ

東関東自動車道 大栄IC 6km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな丘陵地で各ホールごとの高低差はそれ程大きいものはない。
アウトでは1番が右へ2番が左へのドッグレッグに始まり、4番5番7番8番9番の5ホールが池に関係している。
インの方も同じような展開で18番は1打が豪快な打ち下ろし、2打3打が打ち上げ、その上右に池が続くロングで狙いめをはっきりして攻めたい。

▼長南カントリークラブ

京葉道路 蘇我IC 22km

エンジョイ

丘陵コース。
元来起伏の少ない地形で、なだらかな自然のうねりを持ったコース。フェアウェイもたっぷり広い。
アウトは変化に富んだホールが多く、長打よりもコントロールを重視した攻めが有効。
インはロングホールと短めのミドルホールに落し穴があるので要注意。また最終18番は450ヤードを越す長さで、しかもグリーン右手前がえぐれている。正確さと長打を要求するホール。

▼長南パブリックコース

京葉道路 蘇我IC 22km

エンジョイ

丘陵コース。
平坦な地形におだやかな表情の18ホールが構成されている。
パブリックということでビギナーにやさしくというコンセプトでフェアウェイもほぼ十分な広さを持ち、グリーンまわりも素直な造形に仕上っている。
3ホールを除いてすべてティからグリーンが見通せてバンカーも少なく伸びのび打っていけるホールが多い。
全体としてロングでパーをとりやすく、ミドルホールでいかにまとめるかがポイントになりそう。
インコースはトリッキーなホールが多いのでティショットを大事にしたい。

▼鶴舞カントリー倶楽部

館山自動車道 市原IC 19km

競技志向

林間コース。
東西36ホールはさほど起伏を感じさせないなかに、池と樹木を巧みにとり入れ戦略性豊かなコース。
東インと西アウトはやや起伏があるが、東アウトと西インはほとんどフラット。
フェアウェイは広いが微妙なアンジュレーションがあってボールのライに変化を与える。
西コース17番、東コース4番は池がきいたホール。グリーンから少し離れたバンカーに要注意。

▼市原後楽園ゴルフ&スポーツ

館山自動車道 市原IC 5km

エンジョイ

丘陵コース。
「あるがままの自然を生かす」というPGAツアーの設計理念のもとに造られたトーナメント対応のコース。
アウトは総じて距離が短く、ショットの正確性が要求される。4番、7番と8番は、ティショットで3Wやロングアイアンを持つ勇気が必要である。
インの10番、13番、18番は距離のあるミドルで、ある程度飛距離を求められる。無理にパーオンを狙わず、グリーン手前から攻める方が、スコアメークにつながる。

▼トーヨーカントリークラブ

京葉道路 蘇我IC 40km

エンジョイ

丘陵コース。
部分的に起伏のきついところもありまたフェアウェイの狭いホールもあるので正確なショットが要求される。
アウトは1番ロングホールをのぞけば距離的にらく。ただグリーンが小さめなのでアプローチの正確さが必要。
インの方は17番は距離は短いが急なのぼりのホール。18番は飛ぶ人なら2オン可能なロングホール。

▼東京国際空港ゴルフ倶楽部

東関東自動車道 成田IC 18km

エンジョイ

丘陵コース。
台地に造られ全体の高低差10m以内、フラットな18ホール。
距離が短く一見やさしそうだがマウンドや蛇行するフェアウェイ、グラスバンカーなどがスコアをつまづかせる。
砲台系のグリーンが多く、外したあとのアプローチがやっかい。その上風向きが一定せず風の計算が難しい。風をうまく利用する徴密な攻略なしにはスコアはまとまらない。
短めのロングと長めのショートをどう料理するか腕前のみせ所だ。

▼富里ゴルフ倶楽部

東関東自動車道 成田IC 9km

競技志向

林間コース。
J・マイケル・ポーレットが“力と同様に技(頭脳)も”を基本理念として設計している。
スコットランドのリンクス・タイプの18ホールは、エキサイティングなプレイが味わえる。
特筆に価するのは7番のパー3。岩肌も露な池と、白砂の大きな4つのバンカーにガードされるグリーン、その景観に誰もが圧倒される。
レディス・プロトーナメント、シニア・プロトーナメントが数多く開催されていて、特に競技志向のゴルファーには好評を博している。

▼東庄ゴルフ倶楽部

東関東自動車道 佐原香取IC 17km

エンジョイ

丘陵コース。
温暖な気候に恵まれた丘陵地にフラットにレイアウトされた18ホール。
コース内の高低差がほとんどなく、フラットだが池のからむホールが多く戦略性の高いコースに仕上っている。
特に12番ショートホール、17番ロングホールは正確なショットが要求される。

▼中山カントリークラブ

東関東自動車道 千葉北IC 14km

競技志向

『関東屈指のレイアウトを誇る』
アクセスは、都心から僅か1時間足らずで到着、名物の吊橋をわたるとそこにはパー5の1番と10番ホールが並行して、まるでパノラマのような広々としたフェアウェイが待ち受け、いやがおうでも挑戦者のはやる気持ちをかりたてる。
松林に囲まれた1ホール1ホールが名門の雰囲気を漂わせ、巧に配されたバンカーや池など、コースレイアウトは関東10指の評価を受けている。
名物ホールは『5番のショートホール』、池越えのパー3だが気を緩めればパー5にも匹敵する美しくもある難ホール。

▼小御門カンツリークラブ

東関東自動車道 成田IC 13km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな起伏のなかに変化をもって展開する27ホール。
アウトは2番・6番のミドルホールが距離があって長打と方向性の両方を要求する難ホール。
インはロングホールが距離的に楽。中央コースは樹木が豊富で景観的に変化があり500mを超すロングなど各ホール趣きを異にする。

▼ナリタゴルフコース

東関東自動車道 成田IC 5km

エンジョイ

丘陵コース。
成田空港からほど近い丘陵地にあるコース。
全体に左サイドにOBのホールが多い。アウトインとも距離は短めながら各ホールとも変化があってあなどれない。
アウトの出だしの1番・2番が短めのロングでここをうまく切り抜けるとその後は楽になる。
インでは10番と12番のミドルが距離があって難しいホール。

▼成田フェアフィールドゴルフクラブ

東関東自動車道 成田IC 10km

エンジョイ

丘陵コース。
全体的に各ホールともフラットに仕上がっている。
フェアウェイは広いが、要所にバンカーや池などのハザードがきいていて戦略性の高いコースとなっている。
アウトは各ホールが林でセパレートされていて曲げるとスコアにならないので正確なショットが求められる。
一方のインはフェアウェイも広く、距離が長いので豪快なゴルフが楽しめる。

▼ニュー南総ゴルフ倶楽部

館山自動車道 市原IC 11km

エンジョイ

丘陵コース。
丘陵地ながら平坦な地形でフェアウェイも広々としている。池やマウンドを随所に配して戦略性を高めている。
アウトは1番が左に池のミドルに始まり、7番まではフラットなホールが続く。9番はややトリッキーでS字のロング。
インは11番が軽く右へドッグレッグしておりグリーン手前、左林に注意。15番は距離的に楽なロングホール。

▼ヌーヴェルゴルフ倶楽部金谷郷コース

千葉東金道路 山田IC 5km

エンジョイ

太古からの豊かな自然に恵まれた上総の表情豊かな丘陵にレイアウトされた、それぞれが個性的なホール。
女性にもやさしく、ビギナーにはビギナーとしての、上級者には上級者としての楽しみを充分に与えてくれます。
ほとんどのホールはなだらかでティーからグリーンが見え、ホール内に遺された樹木や大小の池がハザードとしてプレイヤーの挑戦意欲を刺激します。

▼野田市パブリックゴルフ場ひばりコース

常磐自動車道 柏IC 8km

初心者

河川敷コース。
利根川の広い河川敷地ではあるが高低差が目につくところもあり、また樹木も部分的にあったりして一味違った河川コースの趣がある。
加えて利根川にそそぐ水路がフェアウェイを横切っていたりして、変化に富んだプレーを楽しむことができる。
バンカーは性格上浅くて易しいものになっているが効果的な配置になっている。

▼野田市パブリックゴルフ場けやきコース

常磐自動車道 柏IC 7km

初心者

林間コース。
昭和52年に誕生したひばりコースの姉妹コース。
こちらも同じく平坦な地形ながら樹木が豊富で、大小7つの池を配して戦略性豊かなコースに仕上がっている。
距離的にはやや短い印象もあるもののフェアウェイが絞ってあり、ティショットの狙いが狭いのでスコアメークには苦労しそう。
ドッグレッグがあり、池をまわりこむルートありで変化があるテクニカルなコース。
グリーンのアンジュレーションは素直でタッチをあわせやすい。

▼白鳳カントリー倶楽部

東関東自動車道 成田IC 8km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな丘陵に広がり、池を配して戦略的な要素を盛り上げている。
バンカーの存在も効果的で、グリーンから離れたところに置かれたり、フェアウェイに深く張り出したりしてプレーヤーを眩惑する。
しかし、このコースを印象づけるのはあくまでも池である。完璧なショットをつなげて初めてパーがとれるというタフなホールが多い。
特に、上がり3ホールは距離と池の絡みが絶妙で、1打として気が抜けず、またそれが面白さを増している。

▼浜野ゴルフクラブ

京葉道路 蘇我 11km

接待

林間コース。
アウトコースはフェアウェイは広くアンジュレーションはあくまで緩やかにうねり雄大なスケールを誇っている。しかしベストポジションはひとつ。挑戦意欲をかきたてる。ハザードを巧みに配し正確なショットを要求している。
インコースは池水が攻略上の大きなポイントとなる。大胆に攻めるか堅実に刻んでゆくか、パワーヒッターばかりでなくすべてのプレーヤーに楽しめるコース。

▼ゴールデンクロスカントリークラブ(旧:埴生CC)

館山自動車道 市原IC 26km

エンジョイ

丘陵コース。
全体としてバランスよく無理のないコースに仕上っている。
例えば打上げはゆるやかになるよう配慮されていて、打下ろしにはダイナミックなものがある。また距離の短いところにはバンカーがきびしく長いところはのびのび打たせるようなバランス感覚も好ましい。
4つのショートホールはいずれも池がらみ、距離にバリエーションがあり造型にも変化を付けている。
フェアウェイが途切れたホールがあったり、大きな起伏を付けたホールがあったりして一様な攻め方ではスコアにならない。

▼東我孫子カントリークラブ

常磐自動車道 柏 12km

初心者

河川敷コース。
都心からも近く、練習コースとして最適です。
コースは、フラットながらフェアウェイに適度なアンジュレーションがあります。

▼船橋カントリー倶楽部

常磐自動車道 柏IC 22km

競技志向

林間コース。
フェアウェイを両サイドからつつみこむように自然のままの樹木がそびえ、フラットななかにもゆるやかなアンジュレーションを持つ本格的な林間コース。
外周部のOBも林の奥深くほとんど気にならない。そうした反面、林が密のため打ちこむと脱出に苦労する。
距離が長いので届かないところは無理せず、花道ごしに寄せる対応も欲しい。

▼大多喜城ゴルフ倶楽部(旧:富士C大多喜城倶楽部)

館山自動車道 市原IC 35km/木更津北IC 36km

エンジョイ

丘陵コース。
適度な起伏を持ち、グリーンやバンカーの形や配置などに高い戦略性があるコース。
ティに立つと攻撃ルートがつかみやすく造られているので、攻めのゴルフの醍醐味も満喫できる。

▼ブリック&ウッドクラブ

館山自動車道 市原IC 20km/木更津北IC 16km

競技志向

会員の自主運営によるプライベートカントリークラブ。プレーは会員とその同伴者に限られている。
名匠デズモンド・ミュアヘッド設計のコースは、日本に類を見ない高い戦略性を誇る。
メンバーのプライベートコースを特別開放!

▼本千葉カントリークラブ

京葉道路 蘇我IC 5km

エンジョイ

丘陵コース。
各ホールが林でセパレートされていて、全体がゆるやかな傾斜から成っている。
フェアウェイは比較的広いが、両サイドの樹林のせいか視野は狭い。
攻略ルートの設定はあらかじめしっかりしたものを作っておきたい。

▼真名カントリークラブ 真名コース

千葉外房有料道 大沢IC 3km

エンジョイ

丘陵コース。
地形もゆるやかで大小の池が緑に混じって映え四季おりおりの花がアクセントとなる庭園風の印象を与えるコース。
広いフェアウェイで池のからまないホールでは思い切り振れる。OBも目に入らずのびのびと打てるがグリーン上ではその大きさとアンジュレーションで神経を使いそうである。
グリーンへのアイアンショットでいかに寄せるかが鍵。

▼丸の内倶楽部

京葉道路 蘇我IC 20km

エンジョイ

丘陵コース。
ゆるやかな丘陵にレイアウトされ、各ホールとも平坦でティからグリーンを見通すことができる。
ティは洋芝を使用。年間を通して緑の上でティショットすることができる。使用ティにより難易度が変わり、ビギナーから上級者まで楽しめる。
グリーンはペンクロスベントの1グリーンで平均650uの広さを持つ。微妙なアンジュレーションがあり楽しめる。

▼真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコース

千葉外房有料道 大沢 3km

エンジョイ

丘陵コース。
グランドスラマーのゲーリー・プレーヤーが設計した18ホールで、樹木で完全にセパレートされた本格的なチャンピオンコース。

▼南千葉ゴルフ&リゾート

京葉道路 蘇我 39km

エンジョイ

丘陵コース。
広い敷地にゆったりとレイアウトされた18ホールで、サットグランドホテル大多喜と大多喜沢山温泉を併設しテニス・ボーリング・ゲートボール・グランドゴルフ・露天風呂も楽しめるスポーツリゾートです。
しかし JGAコースレートは71.7ありリゾートとしては難しいコースです。
カートは2人乗り乗用カートを一台使用となります。

▼ロッテ皆吉台カントリー倶楽部

館山自動車道 市原IC 17km

接待

丘陵コース。
ホール自体はフラットでフェアウェイが広いアメリカン・スタンダードタイプのコースだ。
奇をてらった所がないオーソドックスな造り。それだけに安定したショットが求められる。
ドッグレッグは正しいルートを通らないとパーをとるのが難しくなる。短くても油断できない。
グリーンは広く、一見たいらに見えながら目に見えない傾斜が施されており難しい。読み通りに転がらないこともあり注意が必要だ。

▼ミルフィーユゴルフクラブ

京葉道路 蘇我IC 15km

エンジョイ

丘陵・林間コース。
各ホールは樹林でセパレートされており、ハザード(池・バンカー)に樹木やグラスバンカーを組み合わせて、それぞれに個性的な18ホールとしている。
アウトは距離は短め。7番ロングは長いが、その分ほかのホールが全体的に短い。が、だからといって攻めやすいわけではない。ティショットの落としどころを考えないと、ケガにつながりやすい。
インは、アウトよりもずっと長い。と同時に幅も広いので飛ばしていきたい。
アウト8番とイン12番の池絡みのホールにはティが3面用意されており、攻略にバリエーションがつけられる。

▼紫カントリークラブあやめコース

常磐自動車道 柏IC 9km

エンジョイ

林間コース。
距離は比較的短めながら自然のマウンドがフェアウェイのそこここに残されて多様なショットが要求される。
両サイドの林も密で曲げるとスコアにならない。
グリーン周りのバンカー配置も効果的で心理的プレッシャーも大きい。
総合してみると飛距離を欲ばらず狙ったポイントに確実にショットを運んでいく攻め方がベストといえそう。

▼紫カントリークラブすみれコース

常磐自動車道 柏IC 9km

競技志向

林間コース。
天然の松林にホール間をビッシリ埋めつくされて、フェアウェイはいやがうえにも狭く映るが十分な広さはある。
むしろここで注意を払いたいのが大きなうねるような起伏で、ディレクションを間違えると、フェアウェイの傾斜に蹴られて次打が難しくなる。
ボールが転がり落ちるあたりにはバンカーと池が巧みに設計された戦略的なコースである。

▼森永高滝カントリー倶楽部

館山自動車道 市原IC 24km/木更津北IC 28km

エンジョイ

丘陵コース。
用地の高低差は30mほどだが、その自然のアンジュレーションがレイアウトに生かされ、雄大かつ美しいコースになっている。
ティショットはのびのび打てるが、2打めからは狙いの絞られるホールが多い。
またパー4にタフなものが多く、パー3が視覚を楽しませるものが多いのも特徴。
8番の左手前のバンカーの深さと形、池とクリークに囲まれた13番などは名物ホールといえそう。9番と18番のグリーンはひとつを共有。

▼八千代ゴルフクラブ

東関東自動車道 千葉北IC 11km

エンジョイ

林間コース。
樹木が多く、ゆるやかな起伏から成る地形でフェアウェイも広くとってあり、距離は比較的短めながらまとまった感じのコースである。
自然そのままのレイアウトでフェアウェイが傾斜しサイドに流れるようなホールがあったり、グリーン前にマウンドや立木などが効果的に配慮されているため、正確なショットが要求される。

▼米原ゴルフ倶楽部

館山自動車道 市原IC 28km/木更津北IC 28km

エンジョイ

丘陵コース。
広い用地の自然を活かしてレイアウトされているので各ホールは豊かな樹林でセパレートされている。そのためそれぞれが独立し落ち着いたイメージに仕上がっている。
コースは池と随所に設けられたバンカーが効果的で、非常に戦略性が高い。
ティは平均でも5カ所ずつありグリーンもアンジュレーションがある。
アウトではレストランから一望する7・8・9番が名物ホール。
インでも左サイドに池が続く18番など樹木と池のコントラストが美しく、難しいホールが多い。

▼ラ・ヴィスタゴルフリゾート

千葉外房有料道 大沢終点 20km

エンジョイ

丘陵コース。
オリーブやパームの木に囲まれて南国情緒とリゾート感覚にあふれたコースになっている。
乗用カートにより、気軽に快適にラウンドできる。
3番・14番はパームツリーと池が異空間を感じさせるものとして印象的なホールとなっている。